---SKD創価学会・顕正会脱会ネットワーク---  

 

創価学会、今度は『創価学会仏』なる滑稽な新語で会員を洗脳!


 創価学会は平成26年の「大御本尊否定」公表に続き、今度は『創価学会仏』なる滑稽な新語を使いはじめ、頭破作七分の現証をまたもや露呈している(写真参照)。

 創価学会は、今から25年前の平成3年の破門時には「時が来たれり創価王」「魂の独立」等と小躍りして喜んだのである。
 しかし、いきなり戒壇の大御本尊、大聖人と決別しては脱会者を増やす恐れがあるため、25年もの歳月をかけて三宝を破壊し、猊下を誹謗し、大聖人を見下し(本仏論否定)、挙げ句の果てに「大御本尊否定」、更には『創価学会仏』と、会員を洗脳してきたのである。この姑息なやり方は、釈尊を侮辱し法華経を見下した、真言の弘法大師空海のやり口さながらであり、まさに真言家生まれの池田大作の思想そのものである。

『創価学会仏』など御書にはもちろん、どの仏教教典にも存在しない架空妄想の極みであり、亡国、諸悪の根源である。
 創価学会員よ、ここまできてもまだ気付かないか!


創価学会は、大御本尊、三宝、三大秘法を捨て去る〝外道宗教〟 次の本尊は何か?


 
↑勤行改訂で「諸天供養」と
 「日目上人への報恩」を削除した。
   ■戸田先生指導『創価学会の信者などいない!』
■質問者
私は創価学会の信者ではないと思うがいかがでしょうか?
■戸田先生
それで、いいじゃねえか。創価学会の信者なんかあるわけねえじゃないか。みんな日蓮正宗の信者だよ。


池田は戸田先生と真逆路線へ→日蓮大聖人と決別!
 ■■■『日蓮本仏論を捨てた創価学会』■■■
【宮田教授(創価学会教学アドバイザー)語録抜粋】
●11:58
日蓮にあまりに執着しすぎるために、現代では適応できない日蓮の教義すら絶対の真として執着する。そりゃ直したほうがいいんじゃないの?
●17:11
教義についてはSGIは先行している。SGIのHPの日蓮(項目)には、仏陀=釈尊→法華経→日蓮。SGIには日蓮本仏論などこんなものはない。
●21:09
基本的には、日蓮正宗は日蓮に真があったんだという前提で、いくつかの怪しげな御書を引用して頑張ってるわけですけど、(創価学会は)基本的にそれはもうやめようと、日蓮大聖人本人が日蓮本仏論をもっていたという立場はもうとらない。しかし、我々(創価学会)が信仰のモデルというか、どういうことをやるのかというお手本として、日蓮本仏論というのを作り直すことができる。

■なぜ創価学会は2015年11月8日、
 勤行改訂で「日目上人への報恩」を削除したか!?

 創価学会が、日蓮宗(大石寺以外の日興上人門流)から日蓮大聖人御真筆の御本尊を購入すれば、日興上人までの付属と、釈迦本仏論の両方が成り立ち、新たな総本山が手に入る。よって、日目上人以降は僧宝として認められない(勤行から外す)という戦法であろう。

●疑問を感じている会員は、【こちらのフォーム】へご相談ください!誠意をもってご対応致します(秘密厳守)


顕正会は【大石寺】でも【日蓮正宗】でもありません!
日蓮大聖人に背き、広宣流布を阻み、災難を招く〝亡国・暴力団体〟です!

 
顕正会員へ「一日も早く脱会し、御本尊様を拝そう!」
↑クリック
疑問を感じている会員は、【こちらのフォーム】へご相談ください!誠意をもってご対応致します(秘密厳守)。



◆◆◆日蓮正宗 総本山・大石寺 〜法灯750年の清流〜◆◆◆
日蓮正宗(宗門)のみが、世界平和に向かって、正しく日蓮大聖人の仏法を弘めています

 日蓮正宗は、建長5年4月28日に、日蓮大聖人が“南無妙法蓮華経”の宗旨を建立されたことにはじまります。 日蓮大聖人は、多くの法難に遭いながらも、法華経の肝心である南無妙法蓮華経を弘め、弘安2年10月12日、信仰の根本である本門戒壇の大御本尊を建立されました。 以来700有余年、日蓮大聖人の仏法は、日蓮正宗総本山大石寺にのみ、正しく伝えられています。平成28年現在、海外約55ヶ国に日蓮正宗信徒がいます。海外信徒数は約60万人、国内信徒数約65万人、合計125万人を越え、真の世界平和実現、広宣流布に向かって折伏活動を行っております。
 The main goal is “Kosenrufu,” and “world peace through the propagation of Buddhism.”




●学会や顕正会に疑問を感じている会員は、
ご相談フォーム又は、
joshoji.hokkeko@gmail.comまでご連絡下さい。
 個人情報等の秘密厳守をお約束します。


関 連 リ ン ク

  • 日蓮正宗公式ホームページ*
  • 日蓮正宗寺院一覧*
  • 正しい宗教と信仰*
  • 破邪顕正HP*


↑ PAGE TOP