累計
昨日

【1】アサイ(センセ-)フィルタ ボーダーライン  〜まずは自分を知ろう〜


  ◀︎まずはこの音声を聴いてください。これを「おかしい」と思ったらまだあなたは洗脳されていません。人生のやり直しができます。



【2】アサイ(センセ-)フィルタ  〜家族や友人を無くす前に気付こう〜

 とかく悪質な邪宗教では、信者の心や行動を巧(たく)みに操(あや)って教線の拡大を図る。 いわゆる、マインドコントロ-ルである。本来マインドコントロ-ルとは、スポ-ツ選手などが、心を平静に保ったり集中力を高めたりするため、自らの心理状態を制御·調整するセルフ·コントロ-ルを意味していた。しかし、近年では、他人の思想。行動·感情·情報などを支配する意味を指すことが多くなった。
 これは平成7年に起こったオウム真理教の凶悪事件によるところが大きい。 マスコミは、罪を犯した信者の心理状態を示す恰好の言葉として多用した。ある宗教団体にマインドコントロ-ルされていた被害者は、当時の状況をこう証言する。
「浴槽にコップ一杯ずつの赤い水を入れられているうち、ある日、真っ赤なお湯になってもお風呂だと思って入っている状態」。
 これがマインドコントロ-ルだ。 自分自身では異常な状態を全く認識できないところに、 その怖ろしさがある。

   さて、顕正会はどうか。会員たちは会長である浅井昭衛の言いなりだ。
 浅井が、「御遺命破壊だ、国立戒壇」だと喚(わめ)けば、何の疑いもなくこれに盲従する。浅井のせいで、自ら日蓮大聖人の仰せ(御書)を拝すことも、本門戒壇の大御本尊を内拝させていただくこともできない。
 哀れな顕正会員は、浅井の考えを通してしか、仏法の正否を判断することができないのである。
言うに及ばず、会員たちは浅井にマインドコントロ-ルされている。彼らを正法に帰依せしめるために、まずは何としても「アサイセンセ-」というフィルタ-を取り除かなくてはならない。



【3】脱フィルタ!! ◆顕正会員の振る舞いとは◆ ~こうなる前に脱会を~


 










↑ PAGE TOP