顕正会の実際の状況を動画で見てみましょう!

 
 
 
 
 

 実際にあった顕正会事件簿 〜ダイジェスト〜

■【逮捕は妥当、「顕正会」の請求棄却 新潟地裁】
 宗教法人「顕正会」から脱会しようとした男性にけがを負わせた傷害の疑いで県警に逮捕されたのは不当だとして、逮捕された長岡市の元少年=当時(18)=と顕正会が県に計1000万円の損害賠償を求めていた訴訟で、新潟地裁(草野真人裁判官)は27日、原告の請求を棄却した。
 判決では、男性への暴行は脱会をめぐるトラブルではないとする原告の主張を認めず、逮捕や捜索も不当ではないとした。 (2012年5月11日 新潟日報)


■【宗教法人「顕正会」に家宅捜索 強引に入信迫った疑い】
 宗教法人「顕正会」の会員が強引な勧誘で入信を迫った疑いがあるとして、警視庁は11日午前、同会本部(さいたま市大宮区)や東京会館(東京都板橋区)など5カ所を、強要などの疑いで家宅捜索した。今後、教団の勧誘実態を解明する。公安部によると、捜索容疑は、同会の20代の男性会員2人が3月20日、板橋区の飲食店で、都内のアルバイト男性(22)に「入信しないと罰が当たる」「今日のことを他人に話したら自宅に押しかけるぞ」などと約6時間にわたり入信を迫ったというもの。
 同部によると、同会は関東や新潟県を中心に会員を増やす一方、強引な勧誘や脱会をめぐるトラブルも相次いでいる。警視庁には、勧誘などへの苦情や相談が1月~7月に約80件寄せられているという。 (2013年9月12日 朝日新聞デジタル)

■【宗教法人・顕正会本部など捜索…強引に入会迫る】
 宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市大宮区)の会員が強引に入会を迫ったとして、警視庁公安部は11日午前、強要と暴力行為等処罰法違反の疑いで、本部会館(同)や東京会館(東京都板橋区)など計5か所の捜索を始めた。同庁は、組織的に強引な勧誘活動が行われていた疑いがあるとみて実態解明を進める。
 捜索容疑は、同会神奈川会館(横浜市港北区)に所属する24歳の会員の男2人が今年3月20日、都内のアルバイト男性(22)を板橋区のファミリーレストランに誘い出し、約6時間にわたって、「入信しないと、ばちが当たる」と迫った上、東京会館に連れて行き、無理やり入会届を提出させるなどした疑い。同庁は、男2人からも事情を聞いている。(2013年9月11日  読売新聞ニュース)

非常識な勧誘  〜見てもいない、ありもしない事を真顔で話す顕正会女子部〜

 2016年1月9日、私(HP管理者)の自宅へ、2名の顕正会女子部が勧誘に訪れました。私が「当方は日蓮正宗(宗門)の信徒です」と、話した途端、顕正会女子部は開口一番、
 「日達はバケツ3杯の血を吐いて死んだんです。しかも誰にも看取られず、血脈相承もしないで死んだんです。これは現罰なんです。」 と、暴言を吐きました。その女子部は見た目からは20代でしたので、間違いなく日達上人御遷化の時代には生まれていません。

○私「御遷化の場面を、顕正会の誰かが見たのですか?」
■女子部「病院のからの情報です。」
○私「病院側が、人の死亡状況を顕正会の誰に教えたのですか?」
■女子部「・・・・・・。」
○私「日達上人の御遷化の際、御子息の御僧侶数名がお立ち会いになっていた記録があります。決して孤独死でもなく、壮絶な死でもありません。御子息の方の御題目の中で、眠るように御遷化されたと、お孫さんである細井御尊師が言っております。」
■女子部「・・・・・・」
○私「それから、バケツ3杯とは、何たる大嘘を言うのですか?」
■女子部「ここに書いてあります。」(何か本を読みだした)
○私「人間の血液は体重の約8%、仮に男性の場合、4〜5リットルの血液しかありませんよ。バケツ3杯じゃ30リットルですよ!」
■女子部「そうなんですか?」
○私「あなた方は、そういった常識もわからず、浅井のデマを鵜呑みにして、かわいそうに。」
■女子部「×*#&''◎**%&"~○!浅井先生の悪口いうと罰出ますよ!国会の過半数で国立戒壇しないと日本は滅びるんです!」


--顕正会事件簿履歴 --

●さきの未成年者誘拐容疑で新たに2人を逮捕 2015/10/15

 男子大学生を車で連れ回したとして、警視庁公安部は15日、未成年者誘拐の疑いで千葉県柏市大津ケ丘、会社員松原正容疑者(36)ら2人を逮捕した。
 公安部によると、2人は宗教法人「顕正会」会員と自称。公安部はこれまでに、会員と名乗るほかの3人も同容疑で逮捕しており、松原容疑者は「(学生を)入信させるよう指示した」と供述している。
 逮捕容疑は4日午後4時半ごろ、東京都台東区の上野公園に遊びに来た愛知県安城市の男子大学生(19)に声を掛け、車で板橋区まで連れ出した疑い。
 公安部によると、都内では今年1~9月末、顕正会の勧誘トラブルをめぐる通報や相談が約90件あった。同会は「不当な逮捕と考えている」とコメントした。(共同)

●顕正会本部を家宅捜索 2015/10/08

宗教法人「顕正会」の勧誘目的で学生を誘拐したとして関係者の男3人が逮捕された事件で、警視庁公安部は8日、顕正会のさいたま市にある本部や東京・板橋区にある東京会館など数か所を家宅捜索。顕正会本部は「不当な捜索です」とコメントしている(「日テレニュース」より)。

●19歳を騙して車で連れ去り 3人逮捕 2015/10/04

大学生の男性(19)を連れ回したなどとして、警視庁公安部は5日、未成年者誘拐の疑いで、男ら3人を逮捕した。公安部によると、男らは宗教法人「顕正(けんしょう)会」の関係者とみられ、男性を勧誘しようとした可能性があるとみて調べる。
 逮捕されたのは、東京都足立区、自称アルバイト、斉藤佑介(28)▽埼玉県松伏町、無職、小岩井良祐(27)▽同県戸田市の会社員の男(19)の3容疑 者。男は容疑を否認。他の2人は容疑を認め、斉藤容疑者は「一緒に会員になり仏法をやってほしかった」などと供述している。
 逮捕容疑は4日午後4時半ごろ、東京都台東区の上野公園で、上京していた愛知県の男性に「東京見物に行かないか」などと嘘を言って車に乗せ、板橋区内の駐車場まで連れ出したなどとしている。
 公安部によると、不安になった男性が親に連絡。110番通報を受けて駆けつけた板橋署員が、現場で連れ回しの状況を確認した。
 顕正会本部は「事実確認をしている。不当な捜査と考えている」としている(「産経ニュース」より)。

●暴力行為法違反と強要で2人逮捕 2014/02/26

暴力行為法違反と強要の疑いで、会員の男(24)=横浜市=と元会員の男(25)=川崎市=を書類送検。

●強要と暴力行為法違反で2人逮捕 2013/09/11

信者2名が東京都内に住む男性に強引に勧誘したとして、警視庁公安部は、強要と暴力行為等処罰ニ関スル法律違反の疑いで信者2名を任意で事情聴取するとともに、顕正会本部や東京会館など5箇所を家宅捜索。

●入信強要の少年を逮捕 2009/01

顕正会への入信を強要したとして、会員の少年が逮捕される。
顕正会側は新潟県警の不当逮捕であると主張し訴訟を起こすも棄却された。

●『顕正新聞』の名誉毀損記事に損害賠償命令 2008/10/30

顕正会機関紙『顕正新聞』が名誉毀損記事を掲載して妙観講講頭から訴えられていた事件で 、 東京高裁は『顕正新聞』の記事には公共性・公益性・真実性・ 相当性いずれもなし、とする一審判決を支持し、顕正会に損害賠償を命じた。chiaki@gmail.com

●大学生に入信強要で2人逮捕 2008/10/10

熊本県で、熊本市内の大学生に入会強要した会員2人が逮捕された 事件で 、 さいたま市の顕正会本部が3度目の家宅捜索を受ける。

●暴行・監禁・強要で2人逮捕 2008/01/17

新潟市内のレストランで、入会を拒否して逃げようとした男性を駐車場で投げ飛ばして車に押し込み、顕正会新潟会館まで連行して監禁、「ぶっ殺すぞ」な どと脅して無理やり入会させた男子部員Uら2人が逮捕。
これにより、さいたま市の顕正会 本部や新潟会館など七ヶ所が家宅捜索を受ける。新潟県警には、平成17~19年に、 これまた312件もの被害相談が寄せられていた

●監禁と強要で2人逮捕 2007/01/11

神奈川県厚木市で大学生を顕正会小田原会館に連れ込んで監禁 、 強引に住所。氏名を聞き出して礼拝を強要した男子部員Kら2人が逮捕。同日、さいたま市大宮区の顕正会本部など8ヶ所が家宅捜索を受ける。神奈川県警には、平成17年から19年までに、なんと238件の被害相談が寄せられていた

●元大学教授に暴行 1人逮捕 2006/07/03

群馬県館林市の料理屋で、入会を断わった元短大教授(71)の顔を10発ほど殴った、壮年部員Nが逮捕。
同日、顕正会高崎事務所など2ヶ所が家宅捜索を受ける。

●大学生監禁で2人逮捕 2005/07/28

東京都多摩市で、休会を拒否して帰ろうとした大学生を、民家に引きずり込んで監禁した男子部員Iら2人が逮捕。
同日、顕正会横浜会館などが家宅捜索を受ける。

●暴行容疑で1人逮捕 2005/03/11

神奈川県川崎市で、入会を断わって帰ろうとした男性の肩をつかみ、腕を2回殴った男性会員が逮捕。

●入信強要で2人逮捕 2003/1/13

神奈川県藤沢市で、入会を拒否して帰ろうとする男性を捕まえ車に乗らせなかったとして、顕正会員Mら2人が強要の疑いで現行犯逮捕。

●婦人部員を地区部長が刺殺 2002/08/15

高知市で婦人部員・小路千恵子さん(55)を刺殺した地区部長・ 宇高明男(48)が逮捕。

●活動しない女性会員に女子部員が暴行 1人逮捕 2001/07/24

秋田市で、活動に参加しなくなった女性会員宅に侵入し暴行に及んだ女子部員Tが逮捕。同日、T宅と、被害者女性が出入りしていた顕正会事務所が家宅捜索を受ける。

●未成年に暴行 2人逮捕 2001/07/02

JR本千葉駅前のガード下で、入会を断わって逃げようとした未成年男性に殴る蹴るの暴行を加え、会員2人が逮捕。

●強要と暴行容疑で1人逮捕 1999/07/05

神奈川県藤沢市で入会を強要して暴行に及んだ会員Sが逮捕。7日 には顕正会藤沢事務所が家宅捜索を受ける。

●暴行と強要で4人逮捕 1998/01/23

横浜市港南区で入会を強要して集団暴行に及んだ顕正会員Oら4人が逮捕。

●高校生に入信強要 2人逮捕 1992/08/20

千葉県柏市で帰宅途中の高校生を無理やり車に押し込み、顕正会 事務所に運れ込んで入会願書に署名させた会員Iら2人が逮捕。

●妙観講本部を襲撃 1人が暴行傷害の現行犯で逮捕 1989/02/05

会長浅井昭衛の「妙観講の息の根を止めてやる」との予告のもと、約 60人の男子部員が街宣車と共に東京・小金井市所在(当時)の日蓮正宗理境坊所属妙観講の本部拠 点に押しかけて敷地内に侵入、大騒ぎしたあげく、男子部支隊長Tが暴行傷害の現行犯で逮捕。
その後「顕正新聞」では、「妙観講の渡辺らは、無抵抗の会員に殴る蹴るの暴行を加えた」と主語を挿げ替えた厚顔無恥な告知を会員に向けて行った。

※1974年、顕正会(当時の名称は妙信講)は日蓮正宗から解散命令(破門)の処分を受けます。
教祖浅井昭衛は、「正しい教義を守ろうとしたら破門された」などと説明しましたが、破門の本当の理由は、 下記の創価学会襲撃と、その前に日蓮正宗総本山大石寺御住職日達上人に脅迫状を送りつけたこと、とされています。

●創価学会本部襲撃 12人が逮捕 1974/10/04

「国立戒壇を放棄した創価学会に抗議する」として、約70人の男子部員が街宣車を先頭に東京・信濃町の創価学会本部に押しかけ、「責任者に会わせろ」と敷地内に乱入、乱闘騒ぎの果てに青年部長Mをはじめ12人が逮捕された。


各地に設置される看板

↑ PAGE TOP